荷物郵便合造気動車 キユニ15

四国で活躍した、荷物郵便合造車 キユニ15 です。

気動車における全室郵便車はキユ25のみで、他は普通座席室
か荷物室との合造車ばかりでした。

▼オレンジカード
ORC キユニ15
キユニ15の種車を辿ると、元はキロハ18という中間車でした。

最初の改造では、グリーン室が郵便室に改造されるとともに
郵便室側の妻面に運転室が取り付けられ、キハユ 15  という
形式に変わりました。

その後再改造を受け、普通室が荷物室になり、両開きの荷物
室扉も設けられ、この姿になりました。
ORC キユニ15 2
運転台の前面は 101系電車に類似したデザインですが、なん
だか鳥居を連想させる補強部材が "やっつけ仕事"で武骨に取
り付けられたような姿になってしまい、少々残念な顔つきに
なってしまいましたが、逆にこれが特徴になりました。


荷物郵便合造気動車 キユニ15
おわり