E209系 と 231系・・??
~本家販売のエラーカード~

209系の500番台に、E231系の試作車となる209系950番台
が同時期にいた頃、両車は見た目には同じ容姿で、その外観
からパッと見で正しい形式を判断するには難しい存在でした。

そんな中、新しく誕生した電車をイオカードにして販売され
たのですが、そこにはなんと、存在しない形式名が、堂々と、
大きく、書かれていました。

▼「E209系」と書かれたイオカード
IOC_E209
▲正式には、209系500番台 の写真が使われたかと思います

209系950番台の呼称が、後にE231系900番台に改番される
などした、形式の頭に "E" を付加することとした初期の時代
ならではのミスでしょうか。

前途のように「E」を強く意識したかと思えば、別のカード
では「E」を失念した形式名で書かれたものもありました・・。

「231系 & E217系」と書かれたイオカード
E231系とE217系
▲231系側には、頭に付くはずのEがありませんでした・・

当時、これらのチェック体制や管理は、どうなっていたのか、
いささか疑問に残る出来事でしたが、間違いはどちらも黄色
い帯を巻いた総武線の電車であることから、担当者の早合点
か認識違いがあったか、あるいはカード製作当時に閲覧した
内部資料上に「E209系」,「231系」と書かれたものが存在
(混在)していた可能性も考えられますね。

普段の生活や仕事における「反面教師」に いたしましょう。


E209系 と 231系・・??
~本家販売のエラーカード~
おわり