思い出のスナップ「EH200-901号機」
 ~スッキリデザインブルサン試作機~

勾配線区で活躍する国鉄形の山男を置き換える目的で2001年
に誕生した「ブルサン」こと、EH200形の試作機の記録です。

▼直流機伝統色であるブルーを基調とした装いが美しいです
EH200-901_2
▲車体向かって右側にJRFロゴを掲げ、乗務員室扉をカラシ
 色でアクセントをつけたスッキリしたデザインが好みです

パワー漲る機関車のブロアー音は、ビックリするほどの轟音
を放ち、初めて聞いた時には何事か!と驚かされたものです。

一般公募で「ECO POWER ブルーサンダー」という愛称が
命名されましたが、「ブルサン」という略称の方をよく耳に
するようになりました。量産機では、車体側面に愛称ロゴが
入りましたが、個人的には「少々うるさいデザイン」と感じ
てしまっており、現在まで愛称ロゴなしで活躍する試作機の
シンプルな姿の方に愛着があります。

▼試作機の前面窓は量産機にはないセンターピラーが特徴的
EH200-901_1
▲現在使用されている電機の中で最大級のパワーを誇ります

試作機は 2018年の第2全検にて、JRFロゴ も消されたため、
更にスッキリとした外観が拝めるようになりました。

現在量産車が24両在籍する中、この試作機に偶然出会えた日
は「ラッキー日」であると、勝手に盛り上がっております・・。

          *  *  *

感覚的にはまだ新しい電機だと思っていたものの、この試作
機を記録したのは 2002年、既に20年を超えているんですね。
時間の経過が年々早く感じる、今日この頃です・・



思い出のスナップ「EH200-901号機」
 ~スッキリデザインブルサン試作機~
おわり