485系 特急「やまびこ」号 ~愛称起源はビジネス準急~

1965年10月1日、東北本線・盛岡電化完成により、上野 -
盛岡間を結ぶ、特急「やまびこ」号 が 誕生しました。

▼上野・盛岡間 電化完成記念 やまびこ号 特別急行券

キップ_上野-盛岡電化開業記念
▲483系が 駆け抜ける "流し撮り風" の描写になっています

列車の運転系統そのものは、これより以前にキハ80系で運転
されていた、上野 - 
秋田・盛岡間の 特急<つばさ> の ”盛岡
編成”を分離したもの
でした。

▼系統分離前の 特急<つばさ> 編成図
編成図__つばさ196410
(出典:日本交通公社 時刻表 1964.10)

特急「やまびこ」号の誕生当時は、仙台運転所に配置された
483系10両編成で運転を開始、電車化によるスピードアップ
と合わせて輸送力も増強されました。

▼盛岡行 特急<つばさ> が ルーツとなる「やまびこ」号
ORC_485_やまびこ_ボンネット
2両目にサロが連結されていた時代の 青森運転所の編成

誕生から2年目には、東京駅にも乗り入れています。一時期
1両減車され9両編成時代がありましたが、1970年 以降は
12両編成となり、エル特急の仲間入りも果たしました。

▼貫通型の先頭車を組成し始めたころの「やまびこ」号
やまびこ_485_2
▲背後に見える飛鳥山公園に「回転展望台」があった時代
 (フイルムもまだ白黒が主体で・・)


「やまびこ」という愛称のルーツは、1959年2月に誕生した

福島 - 盛岡間を結ぶ準急列車に「やまびこ」の名が使用され
たのが始まりでした。

▼上野で発車を待つ 盛岡行「やまびこ」
やまびこ_485_3
▲終着 盛岡まで 531.9Km、6時間弱の旅の始まり

準急列車時代は キハ55系で運転され、当時この列車を利用
する
ことで、福島と岩手の間を「日帰り」できたことから、
山に "
こだま" する「山彦」をイメージしたのが愛称の由来
とされ、これは 特急「こだま」号 と 同じ意味合いでした。

なので、準急<やまびこ>が誕生する前年に登場したばかり
の 
ビジネス特急 <こだま>号 にあやかって、東北本線版の
「ビジネス準急」として アピールされたようです。

▼一路 盛岡へ向けて出発した 特急「やまびこ」号
やまびこ_485_4
▲運転速度は国鉄特急の中では常に上位グループにランク入
 りし、
表定速度は 82.7Km/h を誇りました

後に準急列車の運転区間は、郡山 - 青森間に延長されてい
ますが、
1963年10月改正で「あぶくま」と「むつ」に分割され、
「やまびこ」の名は、特急として生まれ変わるまで東北路か
ら2年間だけ消滅しています。

▼特急「やまびこ」の在りし日の ホーロー製 横サボ
サボ_やまびこ
運転区間も列車種別も変わる、全く新しい列車として指定席
券を販売するにあたっては、
愛称名の一時消滅期間があった
ことは、
営業面では好都合であったとも言えますね。


          *  *  *


東北新幹線にも、その名が受け継がれた「やまびこ」号。
新幹線における愛称一般公募では、第5位のランクインで
したが、在来線特急時代の愛称定着と共に、準急列車時代
からのルーツも加味すると、東北路の列車にはふさわしい
愛称名であると感じております。

東北新幹線は、今年で開業40周年を迎えます。そんな節目
の直前で地震の被害をモロに受けてしまいましたが、この
先も「やまびこ号に幸あれ」と願うばかりです。


485系 特急「やまびこ」号 ~愛称起源はビジネス準急~
おわり