キハ80系 特急「南紀」号
~客レドン行の愛称を召し上げた特急列車~


1978年10月改正で登場した、特急「南紀」号です。

▼ゴー・サン・トウ  ダイヤ改正記念  名古屋駅入場券(表)
キップ_南紀_1
▲キハ82を先頭にした南紀号がイラストで描かれていました

▼記念入場券(裏)
キップ_南紀_2
▲登場当時の運転時刻が掲載されています
 名古屋 - 紀伊勝浦間 に3往復が設定されました

このダイヤ改正では、紀勢本線の新宮電化完成によって、
従来のディーゼル特急「くろしお」号 が 381系化されると
共に、天王寺 - 名古屋間に運転されていた「くろしお」の
運転区間・系統分離が実施され、天王寺 - 新宮間が「くろ
しお」号、名古屋 - 紀伊勝浦間が「南紀」号として、新た
にスタートしたのでした。

▼国鉄時代 の 
特急「南紀」号  名古屋行   
南紀_キハ82_JNR時代
▲まだ 腕木信号機 が 残る 
大内山駅構内 を行くキハ80系

「特急」といえども、単線で熊野灘に面したリアス式海岸沿
いに急勾配と急カーブが続く悪条件下で、更に老兵キハ80系
のままではスピードアップは望めず、全区間 246.0Km に4
時間以上を要し、表定速度は 59.0 km/h に留まりました。

▼登場当時の編成図
編成図_南紀_197810
▲キハ82 の次位に キロ80 が連結される おなじみの組成

▼紀伊勝浦駅 に入線した 名古屋行「南紀」号(JR化後の姿)
南紀_キハ82_1
▲国鉄時代は6両編成でしたが、JR化後は徐々に短編成化に


特急「南紀」号の誕生を祝う収集物件は、上記の記念入場券
のみに終わっていたことから、誕生当時の時刻表の紙面から、
紀勢線の列車紹介に関する記事を振り返ってみました。

(以下、黄色い書面の出典は、日本交通公社時刻表 1978.10 から)

< 記事その1 >
紀勢線に増発される特急列車としてその名を現した南紀
時刻表_197810_改正のあらまし_運転本数表
▲これまで、天王寺 - 名古屋 間に運転されていた "名古屋
 くろしお" の事は、説明がややこしくなるので触れられず 


< 記事その2 >
 「南紀」のことには一切触れられておりませんが、系統
 分離で電車化される「くろしお」のことについては紙面
 を割いて、アピールされておりました。

▼「紀勢線に 381系特急電車がおめみえ」と題した文面で
 「振子電車」のことについて 補足説明 までありました
時刻表_197810_改正のあらまし_紀勢線とエル特急
▲「エル特急」の仲間入りしたことにも触れらていましたが
 スピードアップによる”時間短縮”のことを、もっと大きく
 アピールしてもよさそうですが・・


< 記事その3 >
 その一方で「南紀」のことは、「くろしお」からの系統
 分離とは到底読めない ”全く異なる視点” で、たった1行
 のみで紹介されるに留まりました・・。

▼ "列車の種類が変わる列車名" 欄に 掲載された「南紀」
時刻表_197810_改正のあらまし_変更点
▲「南紀」の名は、紀伊半島への釣り客には「太公望列車」
 として有名だった ハネ が 連結された客レドン行列車から
 召し上げられた愛称名。この客レに乗ってみたかったです。


以上の記載以外に、特急「南紀」について触れられた記事は
皆無で、新しい特急電車としてスポットライトを浴びて華々
しく紹介された「くろしお」と比較すると寂しい扱いでした。


          *  *  *


▼紀伊勝浦駅で 発車を待つ 4両編成時代の「南紀」号
南紀_キハ82_2
▲JR東海さんに移管後は、側面の J.N.R マークが外された
 姿になったものの、往年の国鉄特急色を保った姿で 最後
 まで走り続けてくれました

小生が記録に残せた「南紀」号は、結果的にキハ80系への
最後の
乗車となった列車でした。全区間4時間弱の"老兵気
動車特急" の旅を堪能できました。

▼特急「南紀」号 乗車記念オレカ
ORC_南紀_キハ82
▲6両編成で運転されている姿ですが、うち2両が キロ80
 で組成されています。こんな場面もあったのですね。

全国の地方線区の優等列車が次第に短編成化されていった
時代でしたが、まだ全室グリーン席の 
キロ80 が連結され、
特急列車としての風格を辛うじて維持していたのが、せめ
てもの救いでありました。
(1両単位の形式写真も残しておけばと・・またしても後悔です・・。)


キハ80系 特急「南紀」号
~客レドン行の愛称を召し上げた特急列車~
おわり