485系 特急「会津やまばと」号
 ~特急<あいづ>の前座列車~

■特急<やまばと> の誕生 (ディーゼルカー時代)
 特急<やまばと> は、1964年10月のダイヤ改正で、急行
 <ざおう> の1往復を格上げした形で、上野 - 山形を結ぶ
 特急列車としてキハ80系 7両編成で運転を開始しました。

▼キハ80系 で運転された 初代の 特急<やまばと>号

キハ82_やまばと
(出典:鉄道ファン 1978.7月号)

▼初代の編成図
やまばと編成図_196410
(出典:日本交通公社 時刻表 1964.10)


1965年10月に、会津若松 とを結ぶ編成を加えることとなり、
上野 - 郡山間は 山形編成と会津若松編成を併結運転すること
となりましたが、いずれの編成も食堂車の キシ80 がない6両
編成となり、上野口では 12両編成 の姿となりました。

▼山形編成+会津若松編成の図
やまばと編成図_196510
(出典:日本交通公社 時刻表 1965.10)

初代山形編成にあった食堂車は、わずか1年で姿を消すことに
なってしまい、他の特急列車より寂しい編成となりました。


■電車時代の幕開け
 電化区間の進展から<やまばと>は電車化されることとなり、
 43.10 ダイヤ改正で 山形編成と会津若松編成の分離運転が
 計画されました。

▼フライング で 電車化された 会津若松編成の <やまばと>
ORC_485_会津やまばと
▲ヘッドマークに小さく"会津"と書かれた <会津やまばと>

43.10 改正を目前とした 1968年9月18日から 会津若松編成
が 先行して 485系 に置き換えられたため、東北本線内 では
<やまばと>の名で運転される列車が2本存在することになり、
案内上、会津若松発着の列車は、暫定的に <会津やまばと>
という名が付けられ、ヘッドマークにも「やまばと」の文字
の上に小さく「会津」の文字が加えられました。

▼暫定列車 <会津やまばと> の ズームアップ
ORC_485_会津やまばと2
▲「会津」の文字は かなり近づかないと 殆ど読めません・・

43.10 改正まで、急行<あいづ> が 別の区間で運転されて
いたことから、特急<会津やまばと>は、10月1日になって
から 、特急<あいづ> に愛称を変更したのでした。

▼<やまばと> と <あいづ> の 編成図
やまばと編成図_196810
(出典:日本交通公社 時刻表 1968.10)

磐越西線でのホーム有効長の関係から、グリーン車は上野方
先頭の1号車に クロ481 を連結することになりました。
また初代 <やまばと> にあった 食堂車 が復活し、中間車は
サシ以外を全て電動車として、奥羽本線板谷峠の自力走行を
確保しました。


--(もけい鉄 雑談)---------------------------------------------------------
  Tomixさんから限定品として、この当時の列車が製品化されましたね。
 やまばと_ボンネット_Tomix
  「ヨン・サン・トウ」 を ターゲットとした ドンピシャ の 商品展開でした。
-----------------------------------------------------------------------------


▼<やまばと>会津若松編成 が ルーツとなる 特急<あいづ>
ueno_20
▲今はなき上野駅地平20番線ホームに入線した<あいづ>

▼電車化後 の ボンネット車 特急<やまばと>号  山形行
やまばと_ボンネット

485系の <会津やまばと> のヘッドマークは、ダイヤ改正前
の車両転配過渡期の僅か13日間だけ見られた、幻のマークと
なりました。


485系 特急「会津やまばと」号
 ~特急<あいづ>の前座列車~
おわり